my way my love official blog

メールマガジン

DISCOGRAPHY

唯一無二のSound、そして愛の世界観...。
すべての音楽を愛するファンヘ。
オトノ洪水へDiveしようぜ!!!!

( LUNA SEA, MUDDY APES / INORAN )

ノイズミュージックで聴くことが出来るようなブチブチと音をたてるファズギターの音色
ピークメーターを振り切りっぱなしのもはや割れたような音像のドラム
両者に一歩も引けを取らずに重低音で唸り続けるベース
単なる爆音の某が容易に想像出来る
普通ならそうなんだろう

ちがう
もはやビートルズやビーチボーイズのような
普遍的で良質なポップスにすら聴こえる
簡単に”オルタナ的な”とか言ってはいけないような
かっこいいとか聴き易いとか言ってたら足元掬われてしまうような
経てきた大人たちの狂気のようなものを感じる
飲みやすいからといって飲み過ぎると歩けなくなってしまう
美味しいお酒のような音楽
危険だ
罠だらけである
わかり易く言うと
スーパーかっこいい

( HAWAIIAN6, The Yasuno N°5 Group /安野勇太 )

秩序と混沌の共存をこれだけ知的に美しくパッケージできるこの表現力はmy wayにしか出来ないと思う。
世の中がどう変わっていっても、ずっと僕等にこの美しいmy wayの世界を感じさせて下さい。
それを力に生き抜いていきます。素晴らしいALBUMありがとうございます。

( THE BACK HORN / 山田 将司 )

山羊みたいな奴とか虫みたい奴とか美しい奴とかが目の前に現れて、スキップでもしながら
一緒に遊園地なり動物園なりに行く。楽しいぜ。そんなアルバムだ。
ふざけてないです、本当だって!

( mudy on the 昨晩, Sure!/森ワティフォ )

年前の僕らの地元岐阜でのMYMLとの共演、強烈に覚えています。
あの日のMYMLの音がとてつもなく爆音で衝撃的なライブだったこと、
僕らのライブ中ステージ袖で村田さんが観てくださってクソ緊張したこと、
イベント終わって一言「またやろうぜ」って言ってくださったこと。
MYMLの爆音、強烈な歪みにはこれでもかってくらい愛が溢れています、今回の作品「The Fact Is」もそうです。
日本人には到底出せない海外のサウンド、曲なのに、日本人にしか出せない優しさがあります。
恐縮ですが、今、もう一度、お酒飲みながらゆっくりお話したいです。

( cinema staff / 辻友貴 )

今までと変わらないバンドの鋭さがさらに洗練されたかのような一方で、思わず涙が出るような優しい曲。
今回も一撃で虜になりました。
ライブで聴いたら俺絶対悶えます。

( the telephones /長島 涼平 )

村田さんの背中はいつも、本気で壊すことは本気で創ることとおんなじだと教えてくれる。
ドラムセットに体ごと飛び込んで行く時も、新しくバンドを立て直す時も。
The Fact Is、完全にアップデートされた瑞々しいMWMLの姿がここにある。

( a flood of circle /佐々木亮介 )

MY WAY MY LOVEの新しいアルバムを聴くにあたり、以前村田さんとさしで音楽のお話をさせていただいたことや、
共演させていただいたことなど回想し、待ちわびていた。
The Fact Is、変幻自在のサウンド、ギタリストとして魅力的な音の数々、色彩が鮮やかで飛び込んでくる。
そして、何よりも村田さんのソングライティング、自分の回想と手を取り、舞い上がった。とても素晴らしい作品です。

( Qomolangma Tomato / 小倉 直也 )

静かなる狂気。
獰猛な優しさ。

心で聴く音楽。
恋に堕ちる音楽。

憧れが止まらない。

( つしまみれ / まり )

先が読めなくてドキドキする。
今までになく優しい。
超ポップ。
時折ブッ刺さる。
ファンタジー。
まるで上質な映画のサントラ。
頭が勝手に揺れる。
2周目以降が更にヤバい。
病み付きになる。村田さんやっぱり天才(変態)。
以上、箇条書きですみません。

とにかくこのアルバム、凄く好きです!

( STOMPIN' BIRD / TOM )

my way my loveは、音楽界のティム・バートンだと思います。
「The Fact Is」を聴いてると、不思議の国のアリスみたいな、カラフルな影絵の映像が頭に浮かんでくるので。
それと、自分は日頃から「敗者の美学」というものに魅力を感じるのですが、「The Fact Is」で
1番グッと来た曲のタイトルが「A Man Of Loser」だったので、おおってなりました。
テーマソングにさせてください。

( 明石 英之 : 漫画家 )

待ってたぜ!
まるで、レッチリやメタリカの新譜のニュースが届いた気分!
こんな風に思えちゃう日本のバンドは他にいないぜ!
そしてそして大事な仲間!で、勝手にライバル意識!
my way my loveと同じ時代に生きてて良かった!
さあ!今夜もドラムキットをぶっ壊そうぜ!
心からRespect!

( nil, THE JUNEJULYAUGUST, インディーズ電力&ZIGZO / 高野 哲 )

僕は、心を様々な場所へ連れてってくれる音楽が好きです。
燃え盛る炎の様な昂ぶる気持ち。
深い海の底の様な静かな気持ち。
隣町の様な近しく親しい気持ち。
旧友との再会の様な懐かしい気持ち。

様々な気持ちを呼び起こしてくれる、大好きなバンドが僕の周りには沢山います。
そしてMY WAY MY LOVEの紡ぐ音楽は、そのどれでもない、僕の見た事も触れた事もない世界が、
まだまだ沢山あるんだよって事を、いつも教えてくれる。
「The Fact Is」
このアルバムを持って、あらゆる場所へ旅がしたくなる様な、そんな素敵な一枚です。
きっと見慣れた街さえも、ひょっとしたらいつものリビングさえも、新しい色で塗り替えてくれる、素敵な音楽の魔法。

( LOST IN TIME / 海北大輔 )

いいね!いいね!
極端までこっててカッコイイ!
聞いたヤツから人気がでるぞ!!

( NATSUMEN / アイン )

昔も今も、そしてこの先も
この音は必要な音で、my way my loveにしか出せない音だと思います。
"The Fact Is"
尖っています。
聴き終えた後に、ぶん殴られた気分。
体験すべき。気持ちよいから。

最高です。

( Mop of Head / George )

轟音に隠れているポップさが前にきて、触ってはいけないよといわれているのを触りたくなるような感覚
王道かつ前衛的という矛盾してんだけど矛盾してない芸術

先輩素晴らしいっす

( bradshaw / sirata )

ある時はサウンドに殴られ、声とメロディーで薬を投与され、
そしてまたサウンドに介抱されて、心も体もmy way my love!
と、思いきや、アミューズメントパークのアトラクションから出てきた時のような、
ニヤケタ俺。素敵だぜ!my way!

(nil、ザ・クロマニヨンズ / 小林 勝 )

NEW ALBUM " The Fact Is "発売おめでとうございます!!
今作も、独創的で、激情的な世界観に引き込まれました!!
曲を聴いてると映像が頭に浮かぶんですよね〜。

早くライブで見たくなりました!!
夏発売という事でライブハウスはもちろん、太陽の下でも酔いしれたい!!
そんな作品です!!NEW リリースおめでとうございます!!

( GOOD 4 NOTHING / U-TAN )

大胆な姿勢の中にも、ちゃんとしたきめ細やかな探究心に酔わされる、唯一無二なバンド。
今回も終始ワクワクさせて戴きました。

( locofrank / 木下正行 )

my way my loveのライヴが大好きだ。
いつだって、その音像に、そのテンションに興奮させられる。
そして、新しいアルバム「The Fact Is」が届いた。
新生my way my loveが、ハードにそしてポップに縦横無尽にかき鳴らす音が爽快だ!
ライヴを観てる時みたいに
ワォ〜〜〜ッ!って叫びたくなる。
8月には一緒にライヴもやるのだよ、楽しみでしょうがない!
聴き逃すな!見逃すな!

( GHEEE, The Everything Breaks, ex.PEALOUT /近藤智洋 )

MY WAY MY LOVEから新作が届いた。
Beautiful Junkiesのギターリフが気持ち良すぎて耳から離れない。
また麻薬のように癖になる曲達がそろっている。
激しいノイズと美しいメロディー。
僕は今ヘッドホンをつけて夢の世界へ飛び立っている。

ありがとうMY WAY MY LOVE。

( dustbox / SUGA )

生々しい匂いがする。衝動という言葉では収まりきれないくらいの。
その匂いが描き出す景色は美しくて透明。
まるでロックの桃源郷を映し出すかの如く。
今日も心地好く僕の脳を刺激してくれます。

( THE BACK HORN /松田晋二 )

「踊れるか?」、「自然と体が動くか?」という部分を排除してしまうと音を聴く意味がないし面白くない。
自然と体が動かないようなモノは求めないし提示しない。
音への探究心が「my way」であり、維持するエネルギーがつまりは「my love」なんだよな。
ま、小難しい事は抜きにして俺は踊れたし沸騰した。
それだけでいいや。

( HINTO / 安部光広 )

聴いた瞬間いきなり音の遊園地に入り込んだ気分になりました。
新しいメンバーのパワー感も半端じゃない!
新生MY WAY MY LOVEの世界に引きずり込まれて身体が勝手に踊り出してしまう。
心地良く音に酔えるこの感じがたまらない!
何かをぶっ放したくなってきた!!

( dustbox / レイジ )

エレクトロ、ノイズ、スペイシーかつポップ…
あらゆる要素も、すべてはmy way my love。
相も変わらずの言葉遊びも、哲学的な歌詞も、すべてはmy way my love。

いつだって、オリジナルだって事を存分に思い知らされます。

間違いない今作も、バンドの「今」が現在進行形である事を証明する、最高にかっこいいロックアルバムです!

( HORIES, DeadStockTactics / 小山 猛 )